作成者別アーカイブ: admin

FreeBSD 9.1-STABLEでVIMAGEなJailを構築する

現在自宅では主にNASの為に構築したFreeBSD stable/9環境のマシンが常時起動しているが、オールインワンなホストにせず各機能毎にjailを作成し構築したので、jail構築の記録。
jailゲスト上でSambaを動かしたかったので、ネットワークはVIMAGEを利用している。
なお、この記録は個人的なものであり、本記録を真似・参考にされるなどした際に問題が起きても当方はいかなる責任も負わない。

環境

  • FreeBSD 9.1-STABLE amd64
  • 各jailゲストは /vps/(jail) に設置する。jail名であって、ホスト名ではない。(スクリプトを少し変更すれば、ディレクトリパスをホスト名にすることも可能。
  • カーネルでVIMAGEを有効にする。
  • jailの設定はrc.conf(5)ではなく、jail.conf(5)で行う。
  • 起動スクリプトは sysutils/jail2 を利用する。
  • VIMAGE対応の部分に絞って記載する方向、カーネル再構築方法や基本的なjailゲストの作成は記載しない。

昔話をすると、最初に構築した頃は9-CURRENTを使っていた。当時はVIMAGE(vnet)用のepairデバイスをifconfigでdestroyするとOSが固まることが良くあったが、いつの間にか安定していた。

VIMAGE対応(ホスト)

カーネルコンフィギュレーションファイルにてVIMAGEを有効にし、再構築する。

(追加項目)
options         VIMAGE

ident等も適宜変更の事。当方は安直にVIMAGEとしている。

ネットワーク設定(ホスト)

ブリッジデバイス(bridge0)を作成し、物理NIC(今回はem0)をブリッジのメンバーに追加する設定。IPアドレスはbridge0に振る(今回は10.0.0.33/24)。

cloned_interfaces="bridge0"
ifconfig_bridge0="inet 10.0.0.3 netmask 255.255.255.0 addm em0"
ifconfig_em0="up"

ネットワーク設定(ゲスト)

基本的なjailだとホスト名はホスト側のrc.confで指定するが、今回はゲスト側のrc.confで指定する。また、ホスト側とネットワークが独立しているので、デフォルトゲートウェイ設定(今回は10.0.0.1)もrc.confで行う。

hostname="guest"
defaultrouter="10.0.0.1"

devfs設定(ホスト側)

netstatで/dev/memや/dev/kmemが存在しないとエラーが表示されるので、jailゲストのデフォルトルールセット(4番)にmem, kmemを追加した5番を作成した。

# vi /etc/devfs.rules
---
[devfsrules_jail2=5]
add include $devfsrules_hide_all
add include $devfsrules_unhide_basic
add include $devfsrules_unhide_login
add path zfs unhide
add path mem unhide
add path kmem unhide
---

デフォルト設定は /etc/defaults/devfs.rules に存在する。今時点のルールセット4番の内容:

# Devices usually found in a jail.
#
[devfsrules_jail=4]
add include $devfsrules_hide_all
add include $devfsrules_unhide_basic
add include $devfsrules_unhide_login
add path zfs unhide

jail.conf作成(ホスト側)

詳細は jail.conf(5) や jail(8) のmanを参照。要するにjail -c するときのオプション等をjail.confにずらずら並べているが、変数的な概念があるので便利に使える。

# vi /etc/jail.conf
---
exec.prestart  = "ifconfig epair${if} create up >/dev/null";
exec.prestart += "ifconfig bridge0 addm epair${if}a";
exec.start     = "ifconfig lo0 up 127.0.0.1";
exec.start    += "ifconfig epair${if}b up $ipaddr";
exec.start    += "sh /etc/rc";
exec.stop      = "sh /etc/rc.shutdown";
exec.poststop  = "ifconfig epair${if}a destroy";
mount.devfs;
devfs_ruleset = 5;
vnet;
vnet.interface = "epair${if}b";
path = "/vps/${name}";
persist;

j0 { 
	$if = 0;
	$ipaddr = 10.0.0.34;
}

j1 { 
	$if = 1;
	$ipaddr = 10.0.0.35;
}
j2 { 
	$if = 2;
	$ipaddr = 10.0.0.36;
}
j3 { 
	$if = 3;
	$ipaddr = 10.0.0.37;
}
---

exec.prestart〜persistまでが共通の処理、j0〜j3の各セクションでゲスト毎の設定を行う。

exec.prestart
ゲスト起動前にホスト上で実行するコマンド。ゲスト毎にepairデバイス(番号は各ゲストの$ifで指定)をcreateし、bridge0に追加する。
exec.start
ゲスト起動時にゲスト上で実行するコマンド。ループバックデバイスとepairデバイスを起動してIPアドレス割り当てし、/etc/rcを実行する。
exec.stop
ゲスト終了時にゲスト上で実行するコマンド。/etc/rc.shutdownを実行する。
exec.poststop
ゲスト終了後にホスト上で実行するコマンド。epairデバイスをdestroyする。
mount.devfs
devfsのマウント設定
devfs_ruleset
devfsがマウントするルールセット指定。ここでは上記の5番(devfsrules_jail2)を指定。
vnet
ゲストのネットワークに VIMAGE を使用する。
vnet.interface
ゲストに割り当てるvnet用デバイス名。epairNbを指定している。
path
ゲストのルートディレクトリ。$name = j0, j1, j2, j3 等なので、/vps/j0 等がルートディレクトリになる。
persist
ゲストを永続させて起動する。(指定しないとすぐ終了してしまう)
$if
ここではepairデバイスの番号として利用している。$if = 0; なら、exec.prestartやexec.start、exec.poststop のepairデバイスが epair0 等として置き換わる。
$ipaddr
ここではゲストのIPアドレスを指定している。(exec.start の2行目で使われている)

jail.confを作成したら、jail -c j0 等として起動を確認する。

(j0を起動/終了する)
# jail -c j0 (起動)
# jail -r j0 (終了)

起動スクリプトの準備と自動起動設定

portsより、sysutils/jail2 をインストールする。(/usr/local/etc/rc.d/jail2 という、起動スクリプトのみの小さなports)

インストールできたら、自動起動設定を行う。

# vi /etc/rc.conf
---
jail2_enable="YES"
jail2_list="j0 j1 j2 j3"
---

jail2_listで指定した、j0, j1, j2, j3が自動起動の対象になる。

起動・終了

# service jail2 start (起動)
# service jail2 stop (終了)

startやstopの後にjail名(j0等)を指定し、個別に起動・終了も可能。

※追記(2013/10/30)

CURRENTの/etc/rc.d/jailに、2013/10/10(UTC)付でjail.conf対応の修正が入った。
参考:Log of /stable/10/etc/rc.d/jail

上記の通りstable/10にも引き継がれたため、今度リリースされる FreeBSD 10.0-RELEASE からは、sysutils/jail2 を利用する事なく、jail.conf の設定を利用したjailの自動起動ができるようになると思われる。sysutils/jail2は、jailのバックグラウンド起動(rc.confでのjail_parallel_start=”YES”指定に相当)の機能がないため、当方の様に複数を立ち上げると順番に処理するため非常に時間がかかっていたが、/etc/rc.d/jailはjail_parallel_startの指定にも対応するため、高速化が望めるのではないかと想像する。

FreeBSD 10.0-RELEASEがリリースされ次第、10.0-STABLE環境にて試す予定。

AirVideoServer FreeBSD用起動スクリプト

CentOS用の起動スクリプトやFreeBSD用の色々な起動スクリプトを参考にAirVideoServerの起動スクリプトを作成したので、需要はともかくとして公開する。
あまりFreeBSDの起動スクリプトのお作法を知らない状態な上に、動けばいい精神で作成しているので、無保証であり、本スクリプトを使用した際に何か起きても当方はいかなる責任も負わない。

使い方

スクリプトの設置

/usr/local/etc/rc.d 等に設置し、実行権限を与えてください。

# cd /usr/local/etc/rc.d
# fetch http://www.funi2.jp/files/airvideoserver
# chmod 700 airvideoserver

自動起動設定

/etc/rc.conf.local等に下記の様に記述します。

airvideoserver_enable="YES"
airvideoserver_dir="/usr/local/airvideo"
airvideoserver_conf="test.properties"
  • airvideoserver_enable: YESにすることで自動起動を有効にする
  • airvideoserver_dir: AirVideoServerが設置されているディレクトリを指定する。ここで指定したディレクトリに本体(AirVideoServerLinux.jar)と設定ファイルが設置されている事。
  • airvideoserver_conf: 設定ファイル名を指定。上記例の場合、/usr/local/airvideo/test.properties が使用される。
  • 起動スクリプトを使う

    # service airvideoserver start (起動)
    # service airvideoserver status (起動確認)
    # service airvideoserver stop (終了)

    このスクリプトについて

    • 動かなかった:残念ですね。
    • ○○をこのように変えるともっと良くなるよ:ご指摘いただければ大変助かります。

    参考サイト

    スクリプト

    http://www.funi2.jp/files/airvideoserver

    #!/bin/sh
    #
    # PROVIDE: airvideoserver
    # REQUIRE: LOGIN DAEMON NETWORKING mountcritlocal
    # KEYWORD: shutdown
    #
    # Add the following lines to /etc/rc.conf.local to enable the AirVideo Server:
    #
    # airvideoserver_enable="YES"
    # airvideoserver_dir="<path to AirBideoServer directory>"
    # airvideoserver_conf="<path to conf/properties file>"
    #
    
    . /etc/rc.subr
    
    name="airvideoserver"
    rcvar=`set_rcvar`
    
    load_rc_config ${name}
    
    java="/usr/local/bin/java"
    grep="/usr/bin/grep"
    awk="/usr/bin/awk"
    xargs="/usr/bin/xargs"
    kill="/bin/kill"
    
    pidfile="/var/run/${name}.pid"
    logfile="/var/log/${name}.log"
    
    extra_commands="status"
    start_cmd="${name}_start"
    stop_cmd="${name}_stop"
    status_cmd="${name}_status"
    
    : ${airvideoserver_enable="NO"}
    : ${airvideoserver_dir="/usr/local/airvideo"}
    : ${airvideoserver_conf="test.properties"}
    
    airvideoserver_start() {
        echo -n "Starting ${name}"
        if airvideoserver_running; then
    	echo ": already running?"
        else
    	${java} -jar ${airvideoserver_dir}/AirVideoServerLinux.jar ${airvideoserver_dir}/${airvideoserver_conf} >>$logfile 2>&1 &
    	if [ $? -eq 0 ]; then
    	    ps -ww | ${grep} ${airvideoserver_dir}/${airvideoserver_conf} | ${grep} -v grep | ${awk} '{print $1}' > $pidfile
    	    echo "."
    	else
    	    echo ": Error!"
    	fi
        fi
    }
    
    airvideoserver_stop() {
        echo -n "Stopping ${name}"
        ps -ww | ${grep} ${airvideoserver_dir}/${airvideoserver_conf} | ${grep} -v grep | ${awk} '{print $1}' | ${xargs} ${kill} -9 >/dev/null 2>&1
        if [ $? -eq 0 ]; then
            rm -f $pidfile
            echo "."
        else
            echo ": Error!"
        fi
    }
    airvideoserver_status() {
        if airvideoserver_running; then
    	echo "${name} is running."
        else
    	echo "${name} is not running."
        fi
    }
    
    airvideoserver_running() {
        local running
        running=`ps -ww | ${grep} ${airvideoserver_dir}/${airvideoserver_conf} | ${grep} -v grep | ${awk} '{print $1}'`
        if [ $running ]; then
            return 0
        else
            return 1
        fi
        return 1
    }
    
    run_rc_command $1
    

AirVideoServer on FreeBSD 9.1-STABLE

iPad(第4世代)を導入したのにあわせてAirVideo Server(以下AVS、Linux用jar版)を自宅のFreeBSD stable/9環境で動かした記録。
例によって各プロンプトは #=root、%=一般ユーザ(今回の場合はminecraft)として記録、またこの記録は個人的なものであり、この記述を真似・参考にされるなどした際に問題が起きても当方はいかなる責任も負わない。

環境

  • FreeBSD 9.1-STABLE(r251971) amd64
  • 専用のjail環境を作成した
  • AirVideoserverLinux 2.4.6-beta3
  • OpenJDK7 (openjdk-7.25.15)
  • AVSのインストール先:/usr/local/airvideo
  • AVS専用ffmpegのインストール先:/usr/local/airvideo/bin

portsからインストール

  • audio/faad
  • multimedia/x264
  • java/openjdk7
  • multimedia/mpeg4ip

AVSのインストール先作成とAVS専用ffmpeg用意

# mkdir -p /usr/local/airvideo
# cd /usr/local/airvideo
# mkdir src bin
# cd src
# fetch http://inmethod.com/air-video/download/ffmpeg-for-2.4.5-beta6.tar.bz2
# tar xvjf ffmpeg-for-2.4.5-beta6.tar.bz2
# cd ffmpeg
# ./configure --enable-pthreads --disable-shared --enable-static \
--enable-gpl --enable-libx264 --enable-libmp3lame \
--extra-cflags="-I/usr/local/include -I/usr/local/include/lame" \
--extra-ldflags="-L/usr/local/lib"
(configureの引数、特にライブラリへのパス等は環境に合わせて変更すること;portsからデフォルトのインストール先にインストールした場合は上記で特に問題ないとおもわれる。)
# gmake
(makeだとコンパイルできない。)
# cp ffmpeg ../../bin/

AVSの取得と設定

# cd /usr/local/airvideo
# fetch http://inmethod.com/air-video/download/linux/alpha6/AirVideoServerLinux.jar
# vi test.properties
---
path.ffmpeg = /usr/local/airvideo/bin/ffmpeg
path.mp4creator = /usr/local/bin/mp4creator
path.faac = /usr/local/bin/faac
password = password
subtitles.encoding = windows-1250
subtitles.font = Verdana
folders = share:/path/to/directory
---
  • path.ffmpeg: ffmpegへのパス(AVS専用ffmpegへのパス)
  • path.mp4creator: multimedia/mpeg4ipでインストールされたmp4creatorへのパス(portsからインストールした場合このパスにインストールされる)
  • path.faac: audio/faadでインストールされたfaadへのパス(portsからインストールした場合このパスにインストールされる)
  • password: AirVideoから接続する際のパスワード、適宜変更の事
  • subtitles.encoding: どこの例をみてもwindows-1250(中央ヨーロッパ言語(Windows)らしい)を指定しているので真似した、文字化けとかは無い。
  • subtitles.font: どこの例を見ても指定してるので真似した、上記と同様、ちゃんとした項目の意味は不明。
  • folders: AirVideoで公開するディレクトリのパス。公開名:パス の形式でカンマ区切りで複数指定可

AVS起動

# java -jar AirVideoServerLinux.jar test.properties

クライアントから接続できればOK。

自動起動設定

自作スクリプト使用。

# cd /usr/local/etc/rc.d
# fetch http://www.funi2.jp/files/airvideoserver
# chmod 700 airvideoserver
# vi /etc/rc.conf.local
---
airvideoserver_enable="YES"
airvideoserver_dir="/usr/local/airvideo"
airvideoserver_conf="test.properties"
---
# service airvideoserver start (起動)
# service airvideoserver status (起動してるか否か)
# service airvideoserver stop (終了)

自作スクリプトについては別記事参照

参考サイト

Minecraft Server on FreeBSD 9.1-STABLE

いろいろあって Minecraft のサーバーを自宅のFreeBSD stable/9 環境で動かした記録。
なお、各プロンプトは #=root、%=一般ユーザ(今回の場合はminecraft)として記録する。
また、この記録は個人的なものであり、この記述を真似・参考にされるなどした際に問題が起きても当方はいかなる責任も負わない。

環境

  • FreeBSD 9.1-STABLE (r251971) amd64
  • 専用のjail環境を作成した
  • Minecraft 1.5.2
  • OpenJDK7 (openjdk-7.21.11)
  • minecraftユーザ(/home/minecraft)で動作させる。
  • minecraft_server.jar 設置場所:/home/minecraft/server

portsからインストール

  • java/openjdk7 (Minecraftを動かすのに必要)
  • sysutils/screen (起動スクリプトが要求)

minecraftユーザの作成

# adduser
Username: minecraft
Full name: 
Uid (Leave empty for default): 
Login group [minecraft]: 
Login group is minecraft. Invite minecraft into other groups? []: 
Login class [default]: 
Shell (sh csh tcsh nologin) [sh]: csh
Home directory [/home/minecraft]: 
Home directory permissions (Leave empty for default): 
Use password-based authentication? [yes]: 
Use an empty password? (yes/no) [no]: 
Use a random password? (yes/no) [no]: 
Enter password: (パスワード)
Enter password again: (パスワード)
Lock out the account after creation? [no]: n

プログラムの取得

# su - minecraft
% mkdir ~/server
% cd ~/server
% fetch https://s3.amazonaws.com/MinecraftDownload/launcher/minecraft_server.jar
% exit

起動スクリプト取得・自動起動設定

# fetch -o /usr/local/etc/rc.d/minecraft http://vidya.dyndns.org/stuff/minecraft
# chmod 0555 /usr/local/etc/rc.d/minecraft
# vi /etc/rc.conf.local
---
minecraft_enable="YES"
minecraft_user="minecraft"
minecraft_chdir="/home/minecraft/server"
minecraft_path="/home/minecraft/server/minecraft_server.jar"
---
# service minecraft start

psコマンド等でプロセスの起動を確認し、クライアントから接続して動作確認する。プロセスが起動しない場合は、起動スクリプトを使わずjavaコマンドで起動し、エラーを確認する。クライアントから接続できない場合はネットワーク周りを疑う(ネットワーク環境は個々に違うものなので、ここでは触れない。場合によってはファイアーウォールでのポート単位の通信制限の解除や、NAT配下の場合は特別な設定が必要になるだろう)

javaコマンドでの起動例
# java -Xmx1024M -Xms1024M -XX:+UseConcMarkSweepGC -XX:+CMSIncrementalPacing \
-XX:ParallelGCThreads=4 -XX:+AggressiveOpts -jar minecraft_server.jar nogui

サーバー起動・終了コマンド等

  • 起動:service minecraft start
  • 終了:service minecraft stop
  • restart は当方の環境では失敗する様だった。

サーバー設定変更

  • 生成された ops.txt に自分のIDを追加する
  • server.propertiesにてホワイトリストを有効化(white-list=true)

反映には再起動(service minecraft stop && service minecraft start)のこと。

Mod追加

準備(jarを展開する)

# service minecraft stop
% cd ~/server
% mkdir minecraft_server
% cd minecraft_server
% jar xvf ../minecraft_server.jar

Minecraft Forgeの導入とjar再生成

Minecraft Forgeはダウンロードし、 ~minecraft/serverにzipを配置済みとする。

% cd ~/server
% mkdir forge
% cd forge
% unzip ../minecraftforge-universal-1.5.2-7.8.1.737.zip
% cp -Rp . ../minecraft_server/
% mv ../minecraft_server.jar ../minecraft_server.jar.20130622
% jar cvfm ../minecraft_server.jar META-INF/MANIFEST.MF .

jarコマンドはtarライクだが、jar作成時にmオプションを指定し、マニフェストファイルの指定が必要とのこと。Mod導入の反映には要・Minecraft 再起動。

参考URL